αトリノ水

αTORINO WATER 中性電解機能水

除菌用の塩素剤の代替として十分な除菌力があるにもかかわらず、塩素被害の無い安全な水

公的機関で安全性を確認(社団法人東京都食品衛生協会・東京食品技術研究所の検査)水道法水質基準もクリア。
「αトリノウォーター」は、特許を取得している「撹拌装置」により、水に0.2~0.5%の食塩を含む水に低周波振動流動を与え、電気分解をすることによって生成される中性電解除菌機能水
この水は、遊離塩素を含んでいるが、塩素臭や塩素被害がなく、除菌力が強くても人には優しい除菌・機能水

口にいれても大丈夫な安心・安全な中性電解水20リットルです。病院では手指の消毒など、アルコールの代用に活用されています。αトリノウォーターの成分は水とわずかな食塩のみです。食塩以外の化学薬品などの添加物はありません。

スプレーをすると、霧が周囲に飛び散りますが、αトリノウォーターは、吸い込んだり口に入っても安全ですから、食品の周りや小さなお子様の近くでも安心して使えます。

肌の弱い方、乳幼児、高齢者や、介護者の方にも安心してご使用頂けます。

中性電解水とは

世界中で酸性・アルカリ性の電解水は作られているが、大政龍晋博士が発明した効果の高く大量に生産できる中性電解水は未だ作られていない。世界各国からすでに多くの技術提供のオファーが来ている。

市場ではアルコールや次亜塩素酸などが広く用いられるが、αトリノウォーターは高い安全性と強い除菌・死滅力を併せ持つこれまでの製品とは一線を画する。

電気分解が発明された当初から、海水を電気分解して中性の電解水が作られれば、医薬品が要らないと科学者達が今日に至るまで勇敢に挑戦してきた。大政龍晋は人類の危機に革新的な答えを生み出した。

従来の電解水との違い

  • 従来の電解水は「酸性電解水」や「アルカリ電解水」で、酸性やアルカリ性のために人体に悪影響を及ぼす
  • 従来の電解水は、多量の遊離塩素を多量含有させ、除菌力を上げようとすると塩素臭、塩素被害が発生
  • 酸性電解水は不安定で長くても3~5日で分解し金属を腐食させる。アルカリ電解水は皮膚の弱い人には不向き

【次亜塩素酸水】
「次亜塩素酸水」について経済産業省は2020年6月26日に使用上の注意点などを公表。使用用途は身の回り品の消毒であり、一定の濃度以上のものを十分な量使った場合のみ効果があるとした。(拭き掃除の場合、汚れを落とし、有効塩素濃度が80ppm以上のもので表面をヒタヒタにぬらし、20秒以上置いてから拭き取る)また、空間に噴霧すると人が吸入してしまうおそれがあるとして注意を呼びかけている。また、次亜塩素酸水が食品添加物であることを根拠として、安全性を謳っている商品が出回っているが、食品添加物等の規格基準では、最終食品の完成前に除去しなければならない。

【次亜塩素酸ナトリウム】
「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」は、化学薬品である高濃度の次亜塩素酸ナトリウム液を希釈したもの。その水溶液は、非常に強いアルカリ性。厚生労働省は、食器・手すり・ドアノブなど身近な物の殺菌消毒に有効としている。しかし、次亜塩素酸ナトリウム液の取り扱いには、十分な注意が必要。酸性タイプの製品と一緒に使用すると、有害ガスが出て大変危険。目に入ると失明のおそれがある。手指の消毒を含め、人体に有害で直接使用することはできない。空間除菌のために霧吹きやスプレーで散布することもできない。現在事故が多発している。

ノーベル賞に匹敵する最先端のナノ技術による奇跡の水

水だけを原料として二酸化炭素がまったく発生しない究極のエコガス「OHMASA-GAS」の開発者であり、世界的に有名な大政龍晋博士。「下町のエジソン」の異名をもつ発明家が着目したのは、森羅万象を生み出す低周波振動。大自然はすべてこの低周波振動によって営まれており、太陽光の波動を常に受け続ける海水の状態を再現するという直感によりいままで地球上に存在しなかった中性電解水「αトリノウォーター」が誕生。原料は水とわずかの塩のみ。低周波振動を加えながら電気分解すると、通常なら水が酸性とアルカリ性に分離するが、中性を保ったまま酸性のもつ殺菌・抗ウィルス力とアルカリ性の特徴である生命活性力や還元力を最大限に発揮するという現象が起こる。こうして誕生した世界初の中性電解水「αトリノウォーター」は、自然界の営みそのものの振動数であり、人にも環境にも負荷をかけることなく、限りなく安全な奇跡の水。また優れた効果は1年以上も続く。医療や環境の分野だけでなく、美容と健康面にも役立つ革新的な水である。

中性電解水(αトリノウォーター)

塩素被害・塩素臭がなく、口に入っても安心

  • 洗口水(うがい用)の許認可取得済み
  • αトリノウォーター5ppmで細菌を不活性化させる力
  • 細菌の死滅力は次亜塩素酸ナトリウムの5~10倍に匹敵
  • 「中性電解除菌水」は薬事法の規定により化粧品としても認可
  • 塩以外の添加物が一切ない
  • 有効塩素を長期間持続(約2年間持続)
  • 希薄された中性電解水は飲用としても販売されている
  • 厚生労働省管轄の保健所より食品添加物の許認可取得済み

αトリノウォーターは多方面で活用されています

東京都の公的な施設においてαトリノウォーターは、採用済みで安全は保証されています。
αトリノウォーターは、公的なプールや温浴施設に設置導入されています。塩素臭がなく肌や目への刺激がないため、肌の弱い方も安心して利用できます。また、プール熱の発生防止、黄色ブドウ球菌を除菌することはもちろん、従来難しいと言われていたクリプトスポリジュム菌の除菌も可能。次亜塩素酸では除菌できないレジオネラ菌も除菌。それだけでなくプールの汚れも減少し、プールサイドにはぬめりが生じません。他の除菌システムや除菌剤と比べて安全性が抜きん出ているのです。日本水泳連盟の推薦も受けています。温浴できるほど安全ですから、肌に触れても問題がありません。

αトリノウォーター(αトリノ水)は日本テクノ株式会社の登録商標です。

αTORINO WATER ご使用イメージ

手指消毒・加湿器による空間除菌、消臭

10倍希釈 30ppm

希釈率は、αトリノ水1:水9の比率でご使用ください

※加湿器に入れて使用する場合は超音波式をご使用ください

ドアノブ・机椅子・手すり・トイレ・キッチン等の水まわりの除菌

3倍希釈 100ppm

希釈率は、αトリノ水1:水2の比率でご使用ください

※スプレーボトル等にいれ、対象物に噴霧し30秒後に拭き取ってください
※本製品は中性である為、オフィスの事務機器やトレーニングジムなどの機材等にも有効に使用できます

αトリノウォーターのこれまでにない安全性と除菌力

死滅力は次亜塩素酸ナトリウムの5〜10倍に匹敵!

食塩を含む水を低周波振動流動を与え電気分解することによって生み出された「中性電解除菌機能水」独自技術でナノレベルの電気分解をすることで、わずかな食塩が塩素イオンと多数の酸素イオンとが特殊結合した電解水となり、中性を保ったまま強い死滅力と抗ウイルス力を発揮。除菌力があるにもかかわらず塩素被害がないことからプールや浴場の除菌、食品関連の洗浄などで利用されている。市場にある除菌水はそのほとんどが酸性やアルカリ性となっていることで健康被害が出る恐れがあるが、αトリノウォーターのpH(溶液中の水素イオン濃度)は中性で安全。専門機関において安全性の高さと除菌・死滅力の高さは実証されている。

試験データ(コロナ・ウイルス、A型インフルエンザウィルス)

試験データ 細菌に対しての除菌効果

pH値は中性で、ほぼ瞬時に細菌を消滅させる力のあることが証明されている。東京都立食品技術センターによるテストの結果、代表的な病原菌のほとんどが不活性化された。しかしこのような強い除菌力を持ちながらも、人体に優しい化粧品として認可を取得している

製品仕様

サイズ:20リットル
成分:水・塩
生産国:日本
メーカー:日本テクノ株式会社
使用期限:1年
有効期限:2年(未開封の状態での期限です)
使用方法:10倍に希釈してお使いください
使用上の注意:直射日光を避け暗所に保管

  • 除菌・消臭効果
  • 肌荒れを防ぐ(化粧品としての認可を取得・許可番号 13CZ200112)
  • 従来の電解水と違い、塩素臭や塩素被害がありません。
  • 洗い流したり二度拭きする必要はありません。
  • アルコールと比べると低コスト

大政 龍晋 工学博士

1939年(昭和14年)愛媛県生まれ。1957年(昭和32年)愛媛県立松山工業高校化学科卒業。1961年(昭和36年)名古屋工業大学短期大学部工業化学科を卒業。名古屋工業大学大学院より工学博士の学位を取得。世界初の振動攪拌機の発明により科学技術長官賞受賞並びに黄綬褒章授章。その他受賞歴多数。国内外特許150件取得。現在日本テクノ株式会社社長、公益財団法人日本発明振興協会評議員、一般社団法人神奈川県発明協会理事、プロパンガス料金適正化協会理事を務める。

受賞歴

1993年:(財)発明振興協会より白井発明功労賞受賞

1994年:神奈川工業技術開発大賞受賞

1996年:科学技術長官賞受賞

1997年:黄綬褒章授章

特許